150th Anniversary|150周年記念特設ページへ
150th Anniversary|150周年記念特設ページへ
メニュー

150th Anniversary

150周年記念

ごあいさつ

Greeting

創業150周年を迎えるにあたって

弊社は1871年に創業以来、2021年に創業150周年を迎えます。
弊社の前身である「志保屋」は、現在の岡山県総社市に本社を構えておりましたが、江戸末期の慶応年間に
「大阪支店」を開設、明治維新の直後、社会が極度に混乱を示す中で、「大阪店」が独立創業、
創業者「那須藤助(なすとうすけ)」の名前を使った「那須藤商店」を名乗ったものでございます。

以来、弊社は「志保屋」の屋号である「マルホ」を使用、もとの生業であった備前産の織物を扱うことを中心とした繊維卸として、
大阪船場の地で、皆様方に育てていただいてまいりました。

現在の主製品の「タオル製品」を扱うことになったのは、1920年代だったと聞いております。
「タオル」は明治時代には輸入物として日本に入ってきたものでしたが、1900年代以降、国産タオルも織られるようになり、
その流通の一端を担ったというのが、その起源であったと聞いております。

この150年間は、明治維新、富国強兵、2度の世界大戦、高度成長時代、バブル崩壊、グローバル化、産業のIT化、
そして昨今ではネット消費の拡大、キャッシュレス化など、何度も大きな社会変化の波を受けながら、
その都度、企業体質を改善しながら、新しい時代に対応したサービスの提供に努めてきた歴史であると誇りに思うところであります。

これからも弊社の大きな方針である「柔軟な発想」を心がけながら、「残すべきものは大事に保持して、
変わりゆくべきものは果断に変化する」というまさに「不易流行」の思想を体現しながら、次の50年、100年、
150年の歴史を一歩一歩進めていきたいと考えております。

代表取締役社長 尾池 行郎

スペシャル動画

Special Movie

150周年記念トピックス

150th Anniversary Topics